「私と旦那とベビーと」~私、育休中。旦那、休職中。ベビー、治療中。~

育休中で保育士の私、抑うつ状態で休職中の教員の旦那、病気の治療のベビーの暮らし

ツレが抑うつになりまして(12)

こんにちは、ぽんたです。

今回も「抑うつ状態」で休職中である、教員の旦那のことについての続きを書いていきます。では、今回もよろしくお願いします!

前回までのあらすじ

たくさん理由を話されてしぶしぶ受け入れざる負えなかった異動。実はとある方を学校に引き入れて、部活動の顧問にさせるために起こった玉突き異動であったことが分かった旦那。

旦那さんならできるよ」「旦那さんだから選ばれたんだよ」と、温かく送り出してもらった手前、どこにもぶつけることないモヤモヤを抱えた状態で、新しい職場に向かうのでした。

前回の記事です。

ponponta0113.hateblo.jp

ツレが抑うつになった話の最初の記事です。

ponponta0113.hateblo.jp

辞令の交付

旦那の初日は庁での辞令交付から始まりました。

今年度から旦那と同じように派遣される方々と共に、辞令を、庁内を足早に受け挨拶回りをしたそうです。

その後、庁内の派遣担当者さんから簡単にお話があったそうです。

 

「みなさん、これからは庁舎の職員として、市町村役場の職員として、2つの顔、2つの仕事を持つことになります。」

「どちらかひとつ、頑張っていればいいわけではありません。どちらも大切な仕事です。公務員として、皆さんの言動が市町村、都道府県の評価に繋がるという気持ちを忘れずに臨んでください。

みなさんのお仕事がおろそかになってしまうと、担当市町村だけではなく、都道府県全体に影響を与えてしまうかもしれません。

「最初はわからない仕事ばかりで混乱してしまうことが多いと思います。でも大丈夫!耐えていればいつか終わるから!(笑)」

 

耐えて時間を過ぎるのを待てば終わる…?そんな仕事なのか?と改めてなぜ自分がここにいるのか…とマイナス思考になってしまう旦那。旦那と同じく今年度から各市町に派遣される方も歴戦の戦士のように見えます。自分はこの人たちと同じように仕事ができるのだろうか・・・。

 

庁から数時間かけて、担当する役場へと向かうのでした。

初日名物?各部署への挨拶回り。魔法の言葉「○○先生の後任です。」

役場にたどり着いた旦那の最初のお仕事は、各部署への挨拶回りでした。

 

「準備はいい?ハキハキ元気よく市長のスケジュールの都合もあるし全部署いくから足早に行くからね!はい、ついてきて!」

「は、はい!」

「あ、それと」

 

旦那さんは『○○先生(前任者さん)の後任です。』って言えばみんなに伝わるから!それでよろしく!」

「え?はい、わかりました。」

 

旦那と一緒に役所の新人さんも挨拶回りをしたそうなんですけど、新人さんが名前と意気込みを堂々と話しているのに対し、旦那は言われたとおりに簡単に自己紹介をしたそうです。それに対しての反応は・・・。

 

「ああ、○○さんの!期待してるよ!」

○○さんの後任の人ね!がんばってね!」

○○さんの仕事をする人ね!お疲れ様!」

 

と、見事にどの部署でも同じ反応だったそうです。市長、副市長さんですらです。

前任者さんは、どの部署でもただ認知されている程度ではなく、素晴らしい仕事をすること有名でだったようです。自己紹介中の「○○さんの後任として」という部分で「ああっ」「おおっ」と反応が来るレベルです。

もしかしたら、自分がどんな仕事をするのかもまだわかっていない旦那にとっては、悪気のない一言一言がプレッシャーになっていたのかもしれません。

 

初日は役場内の各部署への挨拶だけではなく、地域の施設などへの挨拶、地域の方のお家へも何件かご挨拶に伺うという仕事があったのですが、どこへ行っても「○○さんの後任の人ね。これからよろしくね」だったそうです。すごい・・・。

 

ちなみにですが、ご家庭へのご挨拶は、その方がご帰宅されている時間を想定して動く必要があるため、スタートは勤務時間を過ぎた夜からのスタートでした。初日から当たり前のように勤務時間外労働でございました。

初日を終えて帰ってきた旦那

初日は遅くなることを聞いていたので、いつもより帰りが遅いな~程度でした。

かなり疲れた様子だったのであまり仕事のことを聞きませんでしたが、大変だった?程度は聞いたと思います。

 

「大変だったよー。挨拶して終わっていった感じで、自分が何をしてるのかも分かってない状態だったよー。弁当箱洗う暇なかったから、そのままでごめんねー」

 

そんな感じの返答だったと思います。当時の記憶が曖昧ですが、最初は旦那の様子に特に大きな変化を感じませんでした。

 

ただ、旦那的には「自分が何をしたらいいか分からず何もできずに一日終わってしまった。」という気持ちが大きかったらしく、仕事に対して不安感が増した一日だったみたいです。その不安感が仕事場を離れても、家に帰るまでの道中も、家に帰ってからもずっともやもやと考え込んでしまっていたようです。

マイナス思考。心配性。メンタル弱い。といってしまえばそこまでなんですが、積もり積もって抑うつにつながった原因の1つでもあるのかな~と勝手に思っています。

 

今日のところはここまでにします!また次回!

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ